ペアチル

公式LINEでアプリや
お得な特典情報を発信中!

ペアチル

コラム

2024.05.10

シングルマザーの私が実践している情報収集術!Google検索、SNS検索などをご紹介します。

初めまして、轍と言います。高校生から小学生の子ども3人を育てているシングルマザーです。趣味は情報検索です。

特にイベント関係、グルメ、子どもの奨学金制度などを暇さえあれば検索しています。

今回はご挨拶も兼ね、簡単に私の検索術をお教えします。

BabyTech® Awards Japan 2023保護者支援サービス部門大賞受賞

アプリがひとり親の方のお守りになれれば嬉しいです!

iPhoneの方はこちら、Androidの方はこちら

Google検索術

まず検索の超初歩的なことですが、「A+B」について調べるときはアンド検索という方法を使用します。方法は検索窓に「A(半角スペース)B」を入れます。「東京 イベント」などになります。

単語を増やすことで「東京 イベント ひとり親」など、知りたい項目をよりニッチに検索することができます。

続いて、「Aについて知りたいが、Bの情報は省きたい」時に利用するのがマイナス検索です。方法は「A(半角スペース)(半角マイナス)B」を入力します。

「奨学金 -所得制限」となります。

検索が苦手な方はGoogleが提供しているページもございますので、ご参照ください。

Google検索オプション
Google検索オプション

https://www.google.com/advanced_search

ほかにも検索には知っておくと便利な方法があります。気になる方は「Google検索演算子: 完全なリスト (44 の高度な演算子)」などを見てみてください。「Google 検索コマンド」等で検索すると色んな記事が出てきます。

では続きまして、おすすめの検索方法をSNS毎にお伝えします。

※個人的な見解です。

Yahoo! JAPANアプリの通常検索以外にもフォローやテーマ検索が便利!

Yahoo! JAPANアプリ
Yahoo! JAPANアプリ

(引用:https://promo-mobile.yahoo.co.jp/yjapp/)

Yahoo! JAPANアプリのフォローや、テーマ検索ページからテーマをフォローすると、まとめて見ることができます。

Yahoo! JAPANアプリのテーマフォロー画面
Yahoo! JAPANアプリのテーマフォロー画面

(引用:https://follow.yahoo.co.jp/)

ここに私は、自分が住む地域や「児童手当」「一人親」「子ども食堂」を設定しています。

それ設定したワードに引っかかった場合、ヤフーニュース内で自動的に関連する記事が表示されるので便利です。

Facebookでは公共関係や非営利目的団体の広告を見るのもおすすめ!

Facebookはビジネス利用にくわえ、ユーザーの年齢層も高いこともあり、公共関係や非営利目的団体の広告が多く入ります。私は公共団体が行うお得なイベントが好きなので、できるだけクリックすることでそれに関連する広告を流すように”育てて”います。

他のSNSも似た機能がありますが、自分がクリックしている広告、見ている投稿と関連したものをより表示する機能があります。そのため、あえて自分がほしい情報と関連する広告や投稿をよくクリックして、自分のアカウントを育てることもできるんです。

Instagramのお気に入り機能で近隣エリアの個人店などの情報を収集できる!

Instagramのお気に入り機能

(引用:https://about.instagram.com/ja-jp/blog/announcements/favorites-and-following)

Instagramでは気になるアカウントをフォローはもちろんですが、「お気に入り」をよく見るようにしています。

実はインスタ広告を打つのは安価で出来るので、SNS広告は身近になっています。企業アカウント以外にも個人店やインフルエンサーも出しています。その中から興味関心や地域にかかわることなどを選んでくれるので、意外と気になる情報を届けてくれるのでお勧めです。

お気に入り機能の詳細は公式ページをご覧ください。

https://about.instagram.com/ja-jp/blog/announcements/favorites-and-following

興味関心のある分野の「新鮮な情報」を知るならX

Xはやはり自身の興味関心のある分野を投稿する方をフォローするのが、効率の良い情報収集です。

ただXは”今“を調べるツールだと思っているので、今起こっている事に対して効果が発揮すると思うので、2か月後に開催されるイベント募集や半年後に予定されている奨学金情報などはあまり引っかからないイメージなので、使い分けることをお勧めします。

意外と便利なのが画像検索!

意外と便利なのが画像検索です。

「東京 イベント ひとり親」でGoogle検索した画面
「東京 イベント ひとり親」でGoogle検索した画面

「東京 イベント ひとり親」と検索したときに、テキストで多くの検索結果が出ますがそれをクリックすると、去年のものだったり、自分の住んでいる地域からは遠かったりします。

なので意外と「東京 イベント ひとり親」にて画像検索ボタンを押すことで、チラシやイベントバナーが出てくるのでぱっと内容がわかりクリック数を減らすことができます。

地域の広報誌はお得と情報の宝庫!

地域の広報誌はお得と情報の宝庫なのでぜひチェックしてください。私の住む地域は頼めばポストに投函してくれるので、そういうサービスをしてくれるのかも含め一度チェックしてください。

格安の宿泊イベントや助成金、給食費無償化など知っておけばいいことはたくさんあります。また個人的には居住外の市町村広報誌や掲示板にも目を通すのをお勧めします。

イベントの中には在住限定なしで公募しているイベントもあるからです。

その他ひとり親にとっておすすめなサイト

フードパントリー情報【セカンドハーベスト】

https://2hj.org/recipient

奨学金情報【ガクシー】

https://gaxi.jp

各地域のひとり親家庭支援団体を調べる【一般財団法人 全国母子寡婦福祉団体協議会】

https://www.zenbo.org/network

ひとり親に関する総合ページ【子ども家庭庁】

https://anata-no-sasae.jp

イベント【関東シングルコミュニティ PUPA(ピューパ)】

https://ameblo.jp/kanbatsu2017

この記事を書いたのは

ペアチルライターチーム

ひとり親限定のトークアプリ「ペアチル」ライターチームです。家計・仕事・子育て・家事など、ひとり親の方の生活に役立つ情報をお届けしていきます。

すべてのコラム